CLASSY HOUSE AREA

vol.1 世田谷エリア

等々力
「住」と「遊」、その双方に満たされる日々へ。
23区内唯一の渓谷として知られる「等々力渓谷」をはじめ、
都内屈指の豊かな自然が息づく等々力エリア。
等々力渓谷に注ぐ「不動の滝」の”轟き”に由来するといわれる
その名称は、今や落ち着きのある邸宅街の代名詞として広く知られています。
現在の街並は、大正時代末期に始まった大規模な耕地整理の賜物。
中でも平均40~50坪で区画されたゆとりある宅地は、東急の五島慶太や帝人の大家晋三も並んだ格式高い邸宅街の趣を今に伝えます。
また東京オリンピック開催に伴って整備された目黒通り・環八通り、駒沢オリンピック公園への距離感も等々力の自慢。
この街には、静と動を自由に操る気ままなライフスタイルが息づいています。
  • ねこじゃらし公園

    ねこじゃらし公園
    住民参加で造られ、管理も住民組織が担当するユニークな公園。子どもたちの水遊びや犬の散歩など、地域の人々に愛されている。

  • 等々力不動尊

    等々力不動尊
    等々力渓谷のほとりに佇む不動尊。渓谷に注ぐ不動の滝は約800年前に同不動尊が開創されたときに湧出したと伝えられている。

トップへ戻る