CLASSY HOUSE AREA vol.10 京都:烏丸御池・四条烏丸エリア

  • 京都国際マンガミュージアム
  • 新風館
  • 京都万華鏡ミュージアム
  • 京都文化博物館
  • 犬矢来のある町屋の風景
  • アートコンプレックス1928
  • 錦市場
  • MOVIX京都

※掲載されている情報は2014年3月現在のものです。

京都国際マンガミュージアム
京都精華大学と京都市が2006年11月に開館した、日本初のマンガ専門総合文化施設。昔の雑誌や貸本・歴史資料から現在の人気作品、世界各国の名作まで約30万点ものさまざまな所蔵品があります。旧・龍池小学校校舎をそのまま活用し、どこか懐かしさも感じる建物です。入館料を払えば、一日出入り自由でマンガ読み放題。常設展示のほか、多彩な特別展や人気漫画家によるセミナー・フォーラムなども、継続的に開催中です。住所:京都市中京区烏丸御池通上ル(元龍池小学校)電話:075-254-7414開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)休館日:水曜日(休祝日の場合は翌日)、年末年始、メンテナンス期間
新風館
大正15年に建築された歴史的建造物(旧・京都烏丸電話局)の旧館に融合するよう新館を増築し、開放的でノスタルジックな雰囲気を生みだした商業施設。館内は、ファッション、雑貨、グルメや、こだわりの品を扱うセレクトショップが入居しています。中庭の「Re-Cueホール」(リキュウホール)は、立ち見を含めると約1,500人が収容可能なオープンスペース。円形ステージや250インチの大型スクリーン・音響設備・常設カメラなどを備え、コンサートやファッションショーなどのイベントに使われます。住所:京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2電話:075-213-6688営業時間:ショップ11:00~20:00(金・土・祝前日 21:00)、レストラン11:00~23:00(ラストオーダー 22:00)定休日:不定休
京都万華鏡ミュージアム
中京区の旧初音中の校舎を利用して2004年6月6日にオープンした「京都万華鏡ミュージアム 姉小路館」。ここはNPO法人「京都万華鏡こう房」が教育施設「こども相談センターパトナ」展示スペースを活用し作ったもの。世界各国の万華鏡を収蔵し、館内では常時50点程展示しています。ここで見学できる万華鏡は、一般的な筒型のほか、ジオラマ型、舞妓さん型、1mの大型万華鏡といったユニークなものまで。そのほとんどは手に取って自由に試すことができます。また1時間おきに約5分間、まるで万華鏡の中に入ったような幻想的な世界を体感できる投影イベントも開催中。住所:京都市中京区姉小路通東洞院東入曇華院前町706-3 電話:075-254-7902 開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日閉館)、年末年始
京都文化博物館
京都ゆかりの日本画家、洋画家、彫刻家、工芸家などの作品を展示し、京都の歴史と文化を知ることができます。京都の特性を生かした 映像文化を展示・上映するフィルムライブラリーセンターの3つの機能を併せ持った「常設展」のほか、年間を通して斬新で魅力ある企画による「特別展」を開催します。館内には江戸時代末期の京の町屋を復元した「ろうじ店舗」もあり、食事や買い物も楽しめます。別館 (旧日本銀行京都支店)は明治を代表する建築物として重要文化財に指定。住所:京都市中京区三条高倉電話:075-222-0888開館時間:10:00~19:30 休館日:月曜日(祝実は会館、翌日休館)、年末年始(12月28日~1月3日)、7月16日、8月12日臨時閉館
犬矢来のある町屋の風景
京都らしい風景の一つと言えば、湾曲した割り竹を並べて建物の壁や塀の下を覆う「犬矢来」のある風景。麩屋町通や富小路通の料理旅館、和食店などでは、軒先に犬矢来を配した店舗が多く見られます。先進的な風景が取り巻く都心部に位置しながら、一歩小路へ足を踏み入れると昔ながらの町屋が数多く残り、店として営業していたり人が住んでいるのも、このエリアの良さです。
アートコンプレックス1928
旧毎日新聞社京都支局(現1928ビル)3階にある小劇場。2層吹き抜け、高さ5メートルのアーチ型の天井を持つ、講堂風の舞台が斬新です。アートコンプレックス1928の名前の由来は、芝居、音楽、ダンス、など多彩なジャンルで、芸術性とエンターテイメント性を複合(コンプレックス)したものを発信するベースということだそう。1999年のオープン時から、ここでしか見られないユニークな公演を開催し、好評を得ています。ビル1階と2階には、ショップやレストランが入居します。住所:京都市中京区三条通御幸町東南角1928ビル3階電話:075-254-6520 開館時間:10:00~19:00定休日:火曜日
錦市場
京都市の目抜き通りである四条通の1本北に位置し、寺町通 - 高倉通間を結ぶ商店街。平成5年に完成したカラフルなアーケードとともに、京都市の名所の一つに数えられます。内部は、京野菜、京漬物、湯葉、鰻、佃煮、蒲鉾、干物、乾物からお茶、菓子、寿司、豆腐などの老舗や専門店が、所せましと並び、京都独特の食材やお土産物はほぼここでそろうと言っても過言ではありません。住所:京都市中京区錦小路通 寺町西入・高倉間開・閉店時間:自由 平均 午前10時~午後5時定休日:各店舗ごとに設定
MOVIX京都
新京極通りは、京都屈指の繁華街アーケードの一つ。松竹発祥の地としても有名で、昭和50年代までは多くの映画館がありました。現在新京極商店街に残るただ一つの映画館は、関西最多・最大級の12スクリーン2563席を持つMOVIX京都。2001年に開館し、その後North(新館)を開館。珍しい2棟形式の映画館です。全館デジタル音響システムに対応し、フィルムを使用しないデジタル上映・DLPもいち早く導入。シアター10には、スカイウォーカーサウンド社とパイオニア社が共同開発した"TADシネマスピーカー"を設置し、迫力のサウンドで作品を楽しめます。住所:京都市中京区新京極三条下ル桜之町400電話:075-254-3215(24時間上映案内&FAX案内サービス)