CLASSY CLUB(クラッシィクラブ)|AERA Vol.12 勝どき|関東、関西エリアの新築分譲マンション 住友商事の住まい『クラッシィハウス』 -CLASSY HOUSE- 目指したのは、都市に新しい価値を生み出す、ひとクラス上の住まい。

  • 住友商事
  • 住商建物
  • 文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

クラッシィハウス トップクラッシィクラブAERA > Vol.12 勝どき

AERA Vol.12 勝どき AERA Vol.12 勝どき

銀座から晴海通りを行き隅田川にかかる勝鬨橋を渡ったところにあるのが、大規模マンションやオフィスビルが連なる先進的なエリア「勝どき」です。ほど近くに「築地」や「月島」など下町情緒を残す街もあり、新しさと伝統がバランスよく融合しています。ここでは、様々な魅力を持つ「勝どき」の街をご紹介します。

  • 先進都市と下町の魅力が融合する街
  • 勝どきエリアで過ごす贅沢な休日
  • 地元で愛され続ける名店とこだわりあふれるオシャレな店

先進都市と下町の魅力が融合する街

2020年東京五輪に向けて
ますます発展中

東京都中央区アドレスを持つ「勝どき」エリアは、ビジネスにもショッピングにも便利な都心にあります。日本を代表するショッピングエリアである「銀座」へは2km圏内、老舗デパートや専門店が集まる「日本橋」や交通の要衝「東京」駅へも約3㎞という近さ。観光スポットとして人気の「築地」、下町情緒を残す「佃島」「月島」などにも近く、新旧の東京を身近に感じられる魅力的な街です。

最寄りの都営大江戸線「勝どき」駅からは、「汐留」駅まで約4分、「六本木」駅まで約13分。「飯田橋」駅「新宿西口」駅ほか、都心の拠点駅へのアクセスも良好です。また、東京都心部への大動脈となる「築地大橋」が完成すれば、車でも六本木・赤坂などがある港区に直結し、ますます便利になるでしょう。

隣接する晴海地区には、東京オリンピックの選手村が建設される予定で、今後の発展が一層期待されています。

勝どき広域イメージマップ

 

都営大江戸線「勝どき」駅

都営大江戸線「勝どき」駅

銀座四丁目交差点

銀座四丁目交差点

店舗も施設も充実
暮らしやすさに定評あり

勝どきは、日々の暮らしやすさが進化している街でもあります。近年は大規模マンションの建設が相次ぎ、公共・公益施設やサービスが充実しています。駅近くにはサークルなどの活動に使える集会室を備えた「勝どき区民館」や「中央勝どき郵便局」などがあるほか、「勝どき保育園」や「勝どき子ども園」など子育て施設も揃っています。

「月島第二児童公園」では、月に一回「太陽のマルシェ」が開催され、農家直送の野菜やこだわり食材、雑貨などの出店に地域内外の人々が多く集まります。また、海沿いには「豊海運動公園」や、ウェイクボードなどを体験できるマリーナがあるのをはじめ、水上バスや屋形船の往来など隅田川沿いの水辺空間らしい風景が広がり、私たちに自然の安らぎをもたらしてくれます。

毎日のお買い物は、駅前の「デリド勝どき駅前店」「スーパー文化堂勝どき店」や24時間営業の「マルエツ勝どき六丁目店」があり、何かと便利です。

月島第二児童公園

月島第二児童公園

勝どきのマンション群

水辺に面した勝どきのマンション群

マルエツ勝どき六丁目店

マルエツ勝どき六丁目店

豊海運動公園

豊海運動公園

勝どきエリアで過ごす贅沢な休日

海辺の街ならではの
楽しみがいっぱい

先進的な風景の足下に、多くの遊び場や利便施設が充実する「勝どき」。水辺の街ならではのアミューズメントを満喫したり、下町ならではのグルメを味わったり。少し足を伸ばすだけで、東京の台所的存在「築地」にも行けます。そんな勝どきライフの楽しみ方を、ご紹介します。

勝どきエリアイメージマップ

【MAP①】複合開発で住みやすい街に進化した勝どき

勝どきエリア

都営大江戸線の開業以来、勝どきエリアは大きく変貌を遂げました。その一つが、数多くの高層マンション建設。「晴海アイランド トリトンスクエア」や「THE TOKYO TOWERS」ほか、勝どきの顔とも言えるマンション群が建設され、勝鬨橋の対岸から風景を見るだけでも壮観です。マンションの増加とともに、スーパーなどの商業施設、区の公益施設ができるとともに、知育・体育・芸術ジャンルの多彩な子ども教室も開講。一つの街として複合的な開発が進み、ファミリーにとって暮らしやすい街となりました。そして現在、中央区と港区を結ぶ「築地大橋」の完成を控え、ますますの発展が見込まれます。

【MAP②】かちどき橋の資料館

かちどき橋の資料館

「勝どき」エリアの象徴的存在である「勝鬨橋」は、都営大江戸線「勝どき」駅から徒歩5分。今は橋の開閉をしていないものの、船の航行に合わせて橋の中央が跳ね上がる仕組みをもった珍しい橋で、国の重要文化財に指定されています。築地側の橋のたもとにある「かちどき橋の資料館」では「勝鬨橋」の歴史や、隅田川にかかるその他の橋についても学ぶことができます。

住所:中央区築地6丁目地先
電話:03-3543-5672
開館時間:9:30~16:30(12月1日~2月28日までは9:00~16:00)
休館日:月曜・水曜・日曜、年末年始

【MAP③】水辺のアミューズメントあふれる隅田川

隅田川

都営大江戸線「勝どき」駅から徒歩5分の隅田川沿いには、河口から浅草方面に向かって整備された「河川テラス」が広がっています。見通しが良く歩いていて快適なこのテラスは、ウォーキングをする人やベンチでくつろぐ人などでいつもにぎわっています。晴海ふ頭まで行けば、屋形船に乗って粋に遊んだり、水上バスでお台場や日の出桟橋までのひと時を楽しむことも可能。東京湾大華火祭をここから観ることもできます。

【MAP④】勝どきマリーナ

勝どきマリーナ

船舶免許を取得したり、ウェイクボードなどのマリンスポーツを楽しめる「勝どきマリーナ」は、気軽に海とたわむれたい方に最適な施設。都心のビル群と大らかなマリンビューが融合した景観に抱かれて、一日たっぷり遊べます。自分のボートを持たなくても、乗りたいときだけ使えるレンタルボート(有料)があるので、安心。東京湾岸を間近にするカフェバーも併設されています。

住所:中央区 勝どき 3-15-3
電話:03-3531-7833
営業時間:マリーナ 9:30〜18:00、カフェ 9:30〜18:00(17:45 L.O.)、バー 19:00〜0:00
定休日:マリーナ、カフェ:火曜、バー:日曜、祝日

【MAP⑤】月島もんじゃストリート

月島もんじゃストリート

東京の下町の親しみやすい風情を残す月島は、都営大江戸線「勝どき」駅から一駅の「月島」駅が最寄りです。月島のシンボル的存在、「西仲通り商店街(通称:月島もんじゃストリート)」には、もんじゃ焼やお好み焼きの店が立ち並び、東京下町の味を求めて多くの観光客が詰めかけています。

住所:中央区月島1-8-1 アイマークタワー1F(月島もんじゃ振興会協同組合)
電話:03-3532-1990
※営業時間、定休日は各店舗によって異なります

【MAP⑥】築地場外市場

築地場外市場

都営大江戸線「勝どき」から一駅、「築地市場」駅で降りれば、東京の台所・築地市場が至近です。場外市場では鮮魚のほか玉子焼きやお惣菜、乾物など、プロが買いに来る上質な食材が手に入ります。また、場内市場は一般の人も入場が可能。日本中から集められた食材の買い物を楽しむことができるほか、お寿司の名店などで新鮮な海の幸を堪能することもできます。

住所:中央区築地 4-16-2(総合案内所・情報市場ぷらっと築地)
電話:03-6264-1925
営業時間:8:00 ~14:00(平日・土曜)、10:00~14:00(日祝、休市日)

地元で愛され続ける名店とこだわりあふれるオシャレな店

個性が光る
食と雑貨のお店たち

近年、急速な発展を遂げている「勝どき」エリア。大規模マンションやオフィスビルの建設と共に、飲食店を中心に新しいお店が次々とオープンしています。同時に、地域に根付き、愛され続ける息の長いお店が多いのもこの街らしいところ。ここでは、勝どきを彩る魅力的なお店をご紹介しましょう。

勝どきエリアイメージマップ

ザ・ペニーワイズ 勝どきWARE HOUSE(アンティーク家具)

1点物が見つかるアンティーク家具の老舗

かつてワイン倉庫として使われていた広い店内には、イギリスから買いつけてくるというアンティーク家具が、常時400点以上並んでいます。人気のオールドパイン家具は木の趣を活かした可愛らしさを持ち、オーク材やマホガニー材を使った家具は歴史を感じる重厚さ。その多くが、100年以上大切に使われ続けてきた1点ものです。

「長く大切に使い続けてもらいたい」という店の願いから、売って終わりではなくアンティーク家具の手入れ方法を教えてもらえたり、ソファーなどの張り替えや修理なども併設の修理工房で行う親切さが評判。

30年以上アンティーク家具の輸入販売を行い、現在はオリジナル家具や雑貨なども手掛けるザ・ペニーワイズ各店の中でも、2002年にオープンした勝どき店はアンティーク家具を専門に扱う人気店です。近隣に転居してきた方が、新居用に家具を求めることも多く、デザインにこだわりを求める方のニーズを満たしています。

ザ・ペニーワイズ 勝どきWARE HOUSE

木のぬくもりを感じる家具たち

ザ・ペニーワイズ 勝どきWARE HOUSE

広大な店内に所狭しとアンティーク家具が並ぶさまは圧巻

ザ・ペニーワイズ 勝どきWARE HOUSE

部屋のアクセントになる雑貨・小物類も充実

住所:中央区勝どき5-11-8|電話:03-6220-1201|営業時間:11:00~19:30|定休日:火曜(祭日は営業)、年末年始

ルナノッテ(イタリアン)

食材にこだわった王道イタリアン

店名の『ルナノッテ』はイタリア語で「月の夜」という意味。鳥取の契約農家から取り寄せているという有機野菜や、築地で仕入れる新鮮な食材でつくるのは、イタリアンの王道メニューです。味のわかる常連さんが通い詰めるという店だけに、良質な素材にこだわっています。ワインは軽くて飲みやすいものからボディのしっかりしたものまで幅広く揃え、満月と新月の日はボトルが30%オフになる嬉しいサービスも。

ちなみに、ファミリーから会社員まで幅広い客層に愛されるこのお店の隠れた名物は、意外にも「栗饅頭」。お持ち帰り用ですが、シェフのご実家の和菓子屋さんから仕入れているもので、こちらも絶品。一度は味わってみたいところです。

ルナノッテ

スタイリッシュなインテリアも自慢

ルナノッテ

ピッツァマルゲリータと自家製豚モモ肉のボイルハム

ルナノッテ

勝どきビュータワーの2階に店を構える

住所:中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワー2F|電話:03-3534-7505|営業時間:12:00~14:00(土日祝日は11:30~)、17:30~22:30(土日祝日は~22:00)|定休日:水曜

カツレツラート 勝どき店(とんかつ)

サクサク食感がクセになるとんかつ

勝どきで長い歴史を持つ「カツレツラート勝どき店」。地元の人々に愛されるとんかつは、口の中で音が響くくらいサクサクとしていて、それでいて中のお肉はジューシーで柔らかく仕上がっています。その他にも、ハンバーグやカツカレー、注文を受けてから作るお弁当などメニューは多彩。店名のとおり、何よりとんかつをおいしく食べてもらえるよう、パン粉と油の相性を考え抜き、サクサク食感を実現しています。

専門店ならではの上質な味に惹かれ、ランチタイムは周辺の会社員で満席。メインのとんかつの他、一品料理やコースも充実しているので、夜には家族連れや宴会の利用にも人気です。

カツレツラート 勝どき店

ロースカツ定食のお肉はたっぷり150g

カツレツラート 勝どき店

明るく清潔な店内

住所:中央区勝どき3-15-5 MRTビル1F|電話:03-3533-8778|営業時間:11:30~15:00(土曜は11:30~14:30)、17:00~22:00(L.O.はそれぞれ閉店の30分前)|定休日:日曜

※掲載の情報は2014年10月現在のものです。 ※掲載の写真は2014年10月に撮影したものです(一部を除く)。