CLASSY CLUB(クラッシィクラブ)|AERA Vol.14 藤沢|関東、関西エリアの新築分譲マンション 住友商事の住まい『クラッシィハウス』 -CLASSY HOUSE- 目指したのは、都市に新しい価値を生み出す、ひとクラス上の住まい。

  • 住友商事
  • 住商建物
  • 文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

クラッシィハウス トップクラッシィクラブAERA > Vol.14 藤沢

AERA Vol.14 藤沢 AERA Vol.14 藤沢

神奈川県・藤沢エリアは、「藤沢」駅を中心に品川などの都心ビジネスエリアや神奈川県の中心・横浜へのアクセスも良好で、ショッピングスポットも充実。さらに、海や山といった自然、歴史ある神社仏閣が並び、グルメが充実した江の島・鎌倉エリアへも気軽に出かけられます。ライフスタイルに合わせて両方の"いいとこ取り”ができる。そんな「藤沢」をご紹介します。

  • 湘南の良好な環境を享受する、「幸せに暮らせる街」
  • 潮風を感じながら、レジャー&ショッピング
  • ゆったりとした暮らしで味わう、湘南グルメ

街の利便性も湘南の良好な環境も享受する「幸せに暮らせる街」

4路線乗り入れの「藤沢」駅だから
東京・横浜方面と江の島・鎌倉方面へ自由自在

「藤沢」駅から東京都心へのアクセスは、JR東海道本線・上野東京ライン・湘南新宿ラインもしくは小田急線で。JR東海道本線・上野東京ラインを使えば「品川」駅まで37分、「東京」駅までは45分、湘南新宿ラインなら「新宿」駅まで50分。小田急線を使えば始発乗り換えなしで「新宿」駅まで直行することもできます。また、都心から夜遅くに帰宅しなければいけなくなった場合に活用できる深夜バスも運行。成田・羽田への高速バスの停車駅にもなっており、出張や旅行時にも便利です。

神奈川県内のビジネス・観光の中心地「横浜」駅へは、JR線直通で20分。「横浜中華街」や「横浜赤レンガ倉庫」といった横浜らしい観光スポットへも「横浜」駅を経由してスムーズに出かけられます。また、江の島・鎌倉方面へは小田急江ノ島線や江ノ島電鉄を利用しましょう。特に江ノ電は「藤沢」駅が始発なので、小さなお子さまとのお出かけも楽でしょう。

平日の通勤・通学に、そして休日のレジャーに。4路線乗り入れの「藤沢」駅だからこそ、アクティブに行動できるのです。

「藤沢」駅北口

「藤沢」駅北口

交通路線図

交通路線図

主婦が幸せになれる街は"郊外型ハピネス"として注目

神奈川県で横浜、川崎、相模原に次いで4番目に人口の多い藤沢市は、都心から一歩離れた郊外型タウン。しかしながら、学研パブリッシングが調査・発表した「主婦が幸せに暮らせる街」の全国第1位※1に選ばれている、人気の高い街です。

「藤沢」駅は、湘南への玄関口であるだけでなく都心へのアクセスの要。交通利便性が高いという点も人気ポイントのひとつです。また駅周辺には商業施設が数多く出店しており、買い物や家族揃っての食事などにも困りません。行政の中心となる「藤沢市役所」「藤沢郵便局」「藤沢市民会館」も駅から徒歩圏です。

その一方で、藤沢はいわゆる「湘南」エリアの中心地。相模湾沿いにはサーフィンやフラダンス、アウトドアといった南国ムード漂うショップが並び、「江の島展望灯台(シーキャンドル)」「ヨットハーバー」「新江ノ島水族館」といった王道の観光スポットが点在する「江の島」や、「鎌倉大仏」「鶴岡八幡宮」といった歴史散策にもってこいの鎌倉へも、電車ですぐに出かけられます。

この街のように、オンタイムとオフタイムの両方の魅力を享受できる暮らしは「郊外型ハピネス」と呼ばれ、都会の生活では得られない、心の充足感を求めるファミリー層に注目されています。住めば住むほど新しい発見と愛着が増す街と言えるでしょう。

藤沢エリア・イメージマップ
江の島展望灯台(シーキャンドル)

江の島展望灯台(シーキャンドル)

藤沢市民会館

藤沢市民会館

情操教育は自然を先生に。充実した教育機関で堅実な子育てを

藤沢エリアは、子育て・教育環境に恵まれているのも特長のひとつ。

県内有数の進学校である「神奈川県立湘南高校」など公立の教育機関をはじめ、「慶應義塾湘南藤沢(中高大)」「日本大学藤沢(小中高大)」「湘南学園(幼小中高)」「湘南白百合学園(幼小中高)」などの私立学校も点在。一貫した教育により次世代を担う子どもたちの向学心を育む場が、徒歩・自転車通学可能圏内に集まっています。バスや電車など交通機関での通学にも不自由しません。

その一方で、海や山の生き物や植物といった湘南の大自然が、机上では学びきれない豊かな感性や好奇心を育んでもくれます。歴史ある学び舎で勉強に励みながら、放課後や休日は自然を先生に情操教育と、二つの学びの場を得られることで、お子さまの可能性はますます広がるでしょう。

「藤沢」駅周辺の整備が進み
さらに価値が高まることに期待

主婦層に支持される藤沢だけあって、「藤沢」駅周辺には便利なスーパーが勢ぞろい。鎌倉時代創建の遊行寺や旧東海道藤沢宿方面に続く「藤沢駅北口通り線」が2015年6月に全面開通し、車での来店がさらに便利になった北口の「サミットストア 藤沢駅北口店」(同年5月オープン)をはじめ、同じく北口「ダイエー 藤沢店」、南口の「イトーヨーカドー 藤沢店」「ディスカウントセンター・オーケー 藤沢店」など、どこに行こうかと迷うぐらいに充実しています。

現在、藤沢市では「藤沢駅周辺地区再整備構想・基本計画」を策定し、「藤沢」駅の南北自由通路やペデストリアンデッキなどを中心とした駅周辺の整備を進めると発表しています。整備が進むことによって、これまでも十分に支持されてきた住みやすさが一層高まり、藤沢の価値はますます上がるだろうと期待されています。「住んで幸せになれる街・藤沢」は、大切な家族との永住の地として選ばれる街へと進化し続けていくでしょう。

サミットストア 藤沢駅北口店

サミットストア 藤沢駅北口店

(左)ダイエー 藤沢店(右)イトーヨーカドー 藤沢店

(左)ダイエー 藤沢店(右)イトーヨーカドー 藤沢店

「藤沢」駅周辺の整備エリア概念図
「藤沢」駅周辺の整備エリア概念図

潮風を感じながら、レジャー&ショッピング

少し足を延ばせば
そこに広がる湘南らしさ

日常生活に不自由のない環境が整った藤沢から江の島・鎌倉といった海側に足を向けると、日常が一転するようなスローライフが待っています。海の見えるデッキで夕日を眺めながらくつろいだり、湘南の風をほほに受けながら広々とした公園を子どもたちと走り回ったり。そこには都会暮らしだけでは味わえない贅沢な時間が流れています。

藤沢エリアイメージマップ

【MAP①】「藤沢」駅前の大型商業施設

さいか屋 藤沢店 小田急百貨店 藤沢店/藤沢オーパ

「藤沢」駅周辺はスーパーだけではなく、大型の商業施設も充実しています。北口には、地域密着型で歴史の長い百貨店「さいか屋 藤沢店」。生活家電だけでなく、アウトドア用品やスポーツ用品、おもちゃまで揃う「ビックカメラ 藤沢店」。南口には、屋上に湘南ベルマーレフットサルコートを完備した「小田急百貨店 藤沢店」や人気ブランドショップが集まる「藤沢オーパ」といった商業施設が並んでいます。

また「藤沢」駅から少し足を延ばせば、書店と30の個性豊かなショップが集まる「湘南T-SITE」も。誰と行くのか、どんな目的で出かけるのかによって、ショッピングスポットを自由に使い分けられるのが“藤沢スタイル”です。

(写真上:北口「さいか屋 藤沢店」、写真下:南口「小田急百貨店 藤沢店」「藤沢オーパ」)

【MAP②】江ノ電沿線

江ノ電沿線 江ノ電沿線

江ノ島電鉄(通称・江ノ電)が開業したのは明治35(1902)年。「藤沢~片瀬」間でスタートして100年以上、藤沢市民の足としてだけでなく、湘南を訪れる観光客にも愛され続けている路面電車です。

住宅と住宅の間、ぎりぎりを走り抜けたかと思えば、ぱっと開けた視界には江の島の輝く海岸線。ゆっくりと走るので、車窓の風景をじっくりと眺めることができます。全長約10㎞の短い路線ですが、「鎌倉文学館」(由比ヶ浜駅)、「鎌倉大仏」(長谷駅)、「成就院」(極楽寺駅)、「稲村ヶ崎」(稲村ヶ崎駅)、そして「江の島」(江ノ島駅)など、どの駅で降りても見どころがあるのも魅力。1日乗車券を買って、途中下車しながら全駅制覇してみましょう。

【MAP③】鎌倉旧市街

鎌倉旧市街

「藤沢」駅から江ノ電に乗れば、「鎌倉」駅までのんびり乗り換えなし。駅を降り立つと活気ある「小町通り」が見えます。コロッケなどの鎌倉グルメや雑貨店がひしめき合う「小町通り」から、「鶴岡八幡宮」方面でも「由比ヶ浜」方面でも、気の向くままに古都散歩。少し横道に入ると、洗練されたレストランやおしゃれなカフェを発見できます。湘南野菜やしらすなど地元の食材を使った店など、気になるお店で遅めのランチを楽しむ。そんな贅沢な休日を過ごすのに最適な街です。

【MAP④】藤沢プラザ

藤沢プラザ

藤沢駅から徒歩5分という、仕事帰りにも立ち寄りやすい複合商業施設です。水泳やフィットネスで日々の健康づくりに役立つスポーツジム「セントラルフィットネスクラブ藤沢」やリラクゼーションショップ、音楽・パソコン教室、レストランにショップまで。カルチャーからアミューズメントと、藤沢市民の幅広い好奇心を満たしてくれるでしょう。

住所:藤沢市鵠沼東1-2
TEL: 0466-23-6016
営業時間:10:00~20:00(店舗により異なる)
定休日:無休(店舗により異なる)

【MAP⑤】神奈川県立辻堂海浜公園

神奈川県立辻堂海浜公園

目の前は辻堂海水浴場。相模湾から流れてくる潮風を感じながらアウトドアを楽しみましょう。遊具が設置された「芝生広場」や、ゴーカートなどに乗れる「交通公園」、鉄道ジオラマなどが展示されている「交通展示館」など施設が充実。特に6つのプールからなる「ジャンボプール」は、湘南キッズが一度は訪れる夏の定番スポットです。

住所:藤沢市辻堂西海岸3-2
TEL: 0466-34-0011
営業時間:5:00~21:00(駐車場)
定休日:無休(交通展示館は月曜・年末年始休)

【MAP⑥】テラスモール湘南

テラスモール湘南

湘南エリア最大級のショッピングモールの敷地は、なんと東京ドーム3.6個分。1階から4階まで続く広々としたモールに、「湘南ヴィレッジ」、「湘南マルシェ」、「潮風キッチン」と、湘南エリアの名店や特産品など“湘南らしさ”を取り入れたエリアが融合。週末を中心にイベントも開催されているので、一日中滞在しても飽きません。

住所:藤沢市辻堂神台1-3-1
TEL: 0466-38-1000
営業時間:10:00~21:00(店舗によって異なる)
定休日:無休

地元で愛され続ける名店とこだわりあふれるオシャレな店

藤沢が好きだから、
地域にこだわった味で勝負

スローライフの似合う藤沢では、湘南で育った野菜をたっぷり使った料理だけでなく、潮風や開放的な雰囲気までが味のエッセンス。地元のクラフトビールを出す店や藤沢生まれ・育ちの人たちが、地元愛いっぱいの"美味"を生み出しています。

藤沢エリアイメージマップ

MOKICHI CRAFT BEER モキチ クラフト ビア(ビアバー)

老舗蔵元から直送、樽生ビールで乾杯

熊澤酒造株式会社は、茅ケ崎に酒蔵とビール工場を構える湘南唯一の蔵元です。明治5(1872)年創業から今日に至るまで、「よっぱらいは日本を豊かにする」という社是のもと、湘南の風土の中でお酒を造りつづけています。酒蔵では工場見学ができるだけでなく、レストランやベーカリー&スイーツの販売店を併設し、知る人ぞ知る人気スポットになっていますが、ここ藤沢でも熊澤の味を味わえます。それが「モキチ クラフト ビア」。

アンティークな雰囲気の店内で目を奪われるのは、1階カウンター横にずらっと並ぶビールのタップ。日本酒「天青」と並ぶ看板商品「湘南ビール」がここで注がれます。ドイツ製の焼き窯で焼いたパン、自家製ソーセージやベーコーンといった肉料理など、お酒が進む料理と一緒に味わいましょう。「湘南にも蔵元があるということを多くの方に知っていただきたいですね。ビールをきっかけに日本酒にも興味を持っていただきたいので、日本酒にも合うメニューも増やしています」(田中宏希ホールチーフ)

MOKICHI CRAFT BEER モキチ クラフト ビア

木目を基調とした設えに老舗の風格を感じる

MOKICHI CRAFT BEER モキチ クラフト ビア

「自家製ソーセージ3種とベーコンの盛り合わせ」はビールにぴったりのおつまみ

MOKICHI CRAFT BEER モキチ クラフト ビア

カウンター席もあるので一人でも立ち寄りやすい

住所:藤沢市南藤沢20-19 第2ハルミビル1F|電話:0466-90-3590|営業時間:11:30~24:00(日曜は~22:00)|定休日:第3火曜

LA BALENA ラ・バレーナ(イタリア料理)

地元食材にこだわる藤沢の名店

ミシュランガイド2015年特別版で紹介され、藤沢に名店ありと知られるイタリア料理店。本当においしいものを知っている大人たちが連日通う「ラ・バレーナ」は、20年以上の歴史があり常連さんも多いのですが、一歩店に入るとイタリアの陽気な雰囲気が感じられ、初めての人にとっても敷居は高くありません。

粉の旨みや食材の風味、上質な調味料などにこだわり、シンプルだけどひと味違うイタリア料理を目指しており、「料理はナポリやシチリアといった南イタリアが中心ですが、ワインはイタリア全土からセレクトしています。イタリア料理を豪快に食べていただきながら、ワイワイ盛り上がって、お腹いっぱいになって帰っていただければ」と菊池祐介マネージャー。

地元ならではの食材にもこだわっています。鎌倉市場から採れたての野菜を仕入れたり、茅ヶ崎のブランド牛「ちがさき牛」を使ったメニューも充実。湘南の新しいライフスタイルを食を通して提案したい、と料理教室も開催しているそうです。

LA BALENA ラ・バレーナ

湘南らしい食材とイタリア料理のマリアージュを楽しめる

LA BALENA ラ・バレーナ

高温で一気に揚げる、名物の「揚げピッツァ」

LA BALENA ラ・バレーナ

ゆったりとしたテーブル席で至福の時を

住所:藤沢市南藤沢22-14 アツタビルB1|電話:0466-28-2825|営業時間:11:30~15:00(金・土・日・祝日)/17:30〜23:00(日曜は~22:30)|定休日:月曜

RH カフェ 辻堂店(カフェ)

海辺のコテージのような開放的かつ洗練されたカフェ

1976年にロサンゼルス・ハリウッドで生まれた「ロンハーマン」。ファッションに始まり、キッチンやリビング雑貨まで、心地よい空間づくりを演出するアイテムを多数揃えるアパレルショップです。そのロンハーマンがプロデュースする「RH カフェ 辻堂店」は、海を近くに感じられる「テラスモール湘南」の館内にあります。 ツタのからむ白と青を基調とした建物は、海辺にあるコテージのよう。ゆったりとしたソファや開放的なテラス席が並ぶ店内でいただく料理はどれもボリューム満点。家族や友達同士で取り分けて食べるのに最適です。

「クリームやフルーツたっぷりのパンケーキや、アサイーなどを使ったスムージーといった定番メニューは、季節によって使う食材が変わりますし、RH カフェの各店によってオリジナルメニューがあるので、辻堂店にしかない味を楽しんでいただくこともできます」とPR部の中野さん。いつも混雑していますが、開店直後は待たずに座れることも。朝日が降り注ぐ店内で過ごすリラックスタイムは格別です。

RH カフェ 辻堂店(カフェ)

1階には、おしゃれという言葉にふさわしいアイテムが並ぶ

RH カフェ 辻堂店(カフェ)

「ポークスペアリブのBBQグリル」と「RHカルフォルニアコブサラダ」。どちらもボリューム満点

RH カフェ 辻堂店(カフェ)

自然光が差し込む2階のカフェスペース

住所:藤沢市辻堂神台1-3-1 テラスモール湘南|電話:0466-38-1854|営業時間:10:00~21:00(L.O.20:00)|定休日:不定休

松月堂わびすけ(和菓子&洋菓子)

地元で愛される湘南藤沢名物・生ドーナツ

藤沢の地で1938年に創業した和菓子店「松月堂」が、「松月堂わびすけ」として和菓子と洋菓子の両方を扱う店にリニューアルしたのは2009年のこと。初代、二代目が大切にしてきた素材を吟味することを大事にし、手づくりでしか生み出せない素朴な味わいを損なうことなく、三代目の佐藤夫婦が菓子をつくり続けています。

現在、「松月堂わびすけ」で人気を集めているのが、湘南藤沢名物の生ドーナツです。平日は一日平均500個、休日やイベント時は1000個近く売れるという生ドーナツは、もっちりとした独特の口当たりと食べると幸せを感じる優しい風味。遠方からの来客も尽きませんが、「あくまでも地元藤沢のおやつでありたい」と佐藤修一さんは語ります。「お子さんでも買いやすいように生ドーナツは一個100円。2日しか日持ちしませんが、それで十分だと思っています。なるべくできたてを食べていただきたいから」

ほかにも生菓子やどら焼き、マドレーヌ、そして夏期限定でオープンする「あずきや氷伝」のかき氷も人気です。

松月堂わびすけ

買いたての生ドーナツは、軒先の椅子に座ってすぐ食べてもOK

松月堂わびすけ

「生ドーナツ」と「苺大福」。どちらもほっこりする味

松月堂わびすけ

先代から引き継いだ歴史ある小物があふれる店内

住所:藤沢市本町 1-11-9|電話:0466-22-3352|営業時間:8:00~17:00|定休日:水曜

クラッシィハウス湘南藤沢

※1 2014年5月発表。調査対象:20歳~49歳の主婦、4,793人を対象に、日常生活における幸福度を「暮らし」「家族」「お金」「食事・健康」「モノ・趣味」の5つの指標で点数化(Happy Quality=HQ指数)。2位は「稲城市」(東京都)、3位は「西宮市」(兵庫県)となった。