ヒストリック建築物探訪|CLASSY HOUSE AREA vol.3 飯田橋エリア

靖国神社

靖国神社敷地内にあるさまざまな建築物のうち、1872(明治5)年竣工の本殿、1901(明治34)年竣工の拝殿ほか、靖国会館、到着殿、靖泉亭、能楽堂・舞台および遊蹴館が重要物件に指定されています。また、靖国通りを挟んで北の丸公園側にある高燈籠は、靖国神社の常夜灯として、1871(明治4)年に完成。まだ都心に高層建築物のなかった完成当時は、品川沖を行きかう船の灯台としても、大切な役目を果たしていました。

所在地:千代田区富士見三丁目