CLASSY HOUSE AREA vol.6 練馬エリア

23区随一の豊かな緑、レジャースポットも近場に

人気の邸宅地だからこそ充実暮らしを彩る緑環境と文化施設

2012年の区の緑被率調査で、区面積の25.4%と東京23区内1位を記録した練馬。大小の公園や武蔵野の面影を残す雑木林、農地に代表される生産緑地の保全と、官民一体で緑豊かなまちづくりを推進しています。
この伸びやかな環境が整う区の行政と文化の中核を担うのが、西武池袋線、都営大江戸線「練馬」駅を中心とするエリアです。駅南側の「練馬区役所」本庁舎20階には無料展望ロビーがあり、眼下の風景から遠く富士山や東京スカイツリーまで一望。21:30まで開いているので、都心の夜景を楽しむにもおすすめです。近隣には、特徴的な外観の「練馬区立練馬図書館」や、演劇や演奏会など多彩なイベントが行われる「練馬文化センター」が。ひと足のばせば多目的運動場「練馬総合運動場」、「練馬区立美術館」もあります。また平成26年には、駅北口に商業施設や保育施設、リハビリ病院などが入居する複合施設がオープン予定。ますます便利な街へと進化中です。

※毎月第4日曜日、12月29日~1月3日は閉庁日のため利用不可

休日レジャーを楽しむなら、練馬区を代表する公園「石神井公園」や1926(大正15)年開園の歴史ある遊園地「としまえん」へ。石神井公園には多種多様な樹木が自生し、自然に恵まれた水辺の風景が写真撮影やスケッチのポイントとして人気を集めています。としまえんは「水と緑の遊園地」と呼ばれるように、手入れの行き届いた植栽を背景に散策路が広がる地元民の気軽な遊び場。ライドやアトラクション、夏のプール、冬のアイススケートなど一年中楽しく過ごせます。隣接には、全9スクリーン「ユナイテッド・シネマとしまえん」や温泉施設「豊島園 庭の湯」などもあります。

※掲載されている情報は2012年12月現在のものです。