CLASSY HOUSE AREA vol.8 大阪・南船場エリア

多彩な商業施設が集まったトレンドの街

老舗から流行の最先端まで欲しいものが勢ぞろい

「キタ」「ミナミ」と呼ばれる大阪の2大拠点を結ぶ線上のちょうど中間地点にあたり、土佐堀川・長堀通・阪神高速環状線に囲まれた船場の街。その中で、中央大通を境とする南側一帯が一般的に「南船場」と呼ばれるエリアです。

最寄りには、「梅田」駅まで直通7分、「なんば」駅へは直通2分という地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅や、堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅、堺筋線・中央線「堺筋本町」駅などがあり、通勤や通学、出張からレジャーにまで利便性を発揮します。

老舗から流行の最先端まで欲しいものが勢ぞろい
心斎橋オーパ/東急ハンズ心斎橋店/心斎橋筋商店街/心斎橋プランドストーリー

トレンドの発信基地として、数々のおしゃれな商業施設が集まっているのが南船場の特長。街路樹が美しい御堂筋沿いには、老舗デパート「大丸」や高級ブランド店が軒を連ね、一本奥に入ると庶民的な「心斎橋筋商店街」もにぎわいを見せています。さらには、ここでしか出会えない流行のファッションや雑貨、おしゃれなレストランやカフェなどこだわりの店舗が点在し、一角ごとに違う表情を発見する奥深さが街の魅力です。

一帯は碁盤の目状に区画された、分かりやすい街区が広がります。江戸時代には大阪市内のみならず日本の商業の中心を担い、美しく格調高い「船場ことば」発祥の地としても知られるように、気品に満ちた大人の街として人々の羨望を集めてきました。近代以降は、周辺に商社や金融機関などが集中。現代でも、ビジネスの拠点として活気に包まれています。

※掲載されている情報は2013年9月現在のものです。