CLASSY CLUB(クラッシィクラブ)|LIFE~上質な暮らしのヒント~ vol.16 快適バルコニーライフ~簡単な工夫でバルコニーをお気に入りの場所に~|関東、関西エリアの新築分譲マンション 住友商事の住まい『クラッシィハウス』 -CLASSY HOUSE- 目指したのは、都市に新しい価値を生み出す、ひとクラス上の住まい。

  • 住友商事
  • 住商建物
  • 文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

クラッシィハウス トップクラッシィクラブLIFE~上質な暮らしのヒント~ > vol.16 快適バルコニーライフ~簡単な工夫でバルコニーをお気に入りの場所に~

LIFE~上質な暮らしのヒント~ vol.16 快適バルコニーライフ~簡単な工夫でバルコニーをお気に入りの場所に~「クラッシィハウス湘南藤沢」バルコニー(モデルルームS-80Aタイプ) LIFE~上質な暮らしのヒント~ vol.16 快適バルコニーライフ~簡単な工夫でバルコニーをお気に入りの場所に~

ご家族のプラスアルファの空間として活用するための方法

近年、バルコニーの奥行きを広く取り新たな生活空間として活用することのできるマンションが増えていることに伴って、バルコニーを手軽なひと工夫でおしゃれに使う方が増えています。奥行きが2mを超えるバルコニーを持つマンションが増えたことで、専用の家具が販売されるようになったり、ガーデニングにも様々なこだわりが見られるようになったりと、暮らしの中でバルコニーを深く楽しむ方が多くなっているのです。
バルコニーは今や、洗濯物を干すなど家事を行う場所だけではなく、マンションの外観やデザイン性を印象付ける重要な要素であり、日光や風を室内に取り込んだり、さらにはライフスタイルを充実させるためのフリースペースと、様々な役割を持っています。
今回は、ご家族にとってプラスアルファの空間、お気に入りの場所にするためのバルコニー活用法や、知っておくべき注意点などをご紹介します。

誰でも手軽にできるガーデニング

プランターや鉢植えをオシャレに使って華やかに

バルコニーの活用法として多くの方が行っているのがガーデニングです。ゴムの木やサンスベリアといった日当たりの良い場所を好む観葉植物から、バルコニーを華やかにしてくれる花々まで。バルコニーに植物を置くことで、バルコニーに面した部屋からの眺めに四季を演出できます。鉢の素材や鉢カバーを吟味し、とっておきの空間に仕上げましょう。

【テラコッタで気分はヨーロピアン】

イタリア語で“焼いた土”という意味のテラコッタは、時間が経つと独特の風合いが出てきます。職人によって手づくりされた鉢は表情も豊か。鉢をテラコッタに変えるだけで、ヨーロピアンな雰囲気を演出できるのも魅力です。

image photo

すのこを棚がわりにして飾りつけて花を置くとよりオシャレに

image photo

育てやすく色合いも美しいパンジーは人気

【シックで落ち着くアジアンテイスト】

鉢植えに竹やラタンの鉢カバーをかぶせるだけでシックなアジアンテイストに。竹やラタンは室内のインテリアとの相性も良いでしょう。同じラタン製のフラワースタンドなどに置いて全体のテイストを合わせたり、ウンベラータやテーブルヤシなどアジア系の観葉植物を飾ると、統一感のあるものになるでしょう。

image photo

花だけでなく様々な植物に合わせやすい竹の鉢カバー

image photo

ガーベラやヒナギクなど鮮やかな色合いも映えるラタンの鉢カバー

たっぷりと土の入ったプランターや鉢はレイアウトの変更などを考慮すると、小ぶりの鉢植えにしておくと季節や種類に応じた楽しみ方の幅が広がるとともに、バルコニーの点検時や避難経路確保のために、移動させやすくもなるので便利です。

緑のカーテンでエコロジーに

image photo

ネットの色や育てる植物・花の色合いもこだわりたいところ

夏場の直射日光を遮り、室内の気温を上げない工夫としてゴーヤやキュウリといったつる性の植物を利用した緑のカーテンが注目されています。バルコニーにネットを張り、つたを絡ませて植物を栽培することで、直射日光を避け、気温を下げる効果が期待できます。

少し趣の違う緑のカーテンを楽しみたいという方にはクレマチスがおすすめ。年に数回花を咲かせたり、冬場に花が咲くタイプもあるので、夏場に限らずバルコニーを飾ってくれます。ホームセンターや生花店などで、栽培のしやすさやどんな花が咲くのかを聞いてみるとよいでしょう。

また、つるをからませるネットは緑色だけでなく、赤や青と多彩なカラーが出ています。室内からぱっと目に飛び込んでくるものなので、ネットの色にもこだわるとおしゃれです。

ガーデンファニチャーで、快適性アップ

テーブルセットでくつろぎの場を手にする

近年、奥行き2mを超えるバルコニーを持つマンションが増えたことによって、これまでより広々としたバルコニーを、ゆったりと使うことができるようになっています。例えば、テーブルセットを置いて寛げる空間にしたり、ソファを置いてお昼寝のできる場所にしたり。特に最近では、雨や汚れに強い屋外用ガーデンファニチャーが充実しており、スタイリッシュな家具をバルコニーに置くことができます。

耐久性に優れ、木目が美しいオーク材。軽くて色あせしにくく、適度な弾力があるので座りやすい人工ラタン。頑丈なだけでなく、曲線的なデザインが好まれるスチール製など、特性やデザインを考慮して選ぶとよいでしょう。

ウッドデッキ風にしつらえて木のぬくもりを感じる空間に

床面の一角にウッドパネルを敷き、それに合わせてオーク材などの木目調のテーブルセットを置けば、バルコニー全体が木のぬくもりに包まれます。ウッドパネルは取り外しやすく、敷く範囲に合わせて調整できるジョイント式のものを使うと手軽です。また、室内の床の色に合わせてウッドパネルのカラーを選ぶと、室内との統一感が出て空間がより広く感じられるでしょう。

※共用部分のため、法令や管理規約、使用細則などを確認したうえで設置するようにしましょう。

image photo

取り外しが簡単なウッドパネルでバルコニーがより快適に

ホテルライクな演出でリゾート感を楽しむ

撥水効果のあるファブリックを用いた屋外仕様のチェアやソファを置けば、リゾートホテルのような寛ぎを得ることができるでしょう。都会的な印象にまとめるなら、カラーをモノトーンに統一するとスタイリッシュなイメージにすることができるでしょう。

image photo

より開放感ある楽しみ方ができるルーフバルコニーや専用庭

image photo

水に強い屋外用家具でよりスタイリッシュに

デッキチェアを置いたり天体観測などで空間を満喫

バルコニーよりも開放感のあるルーフバルコニーや専用庭なら、リクライニング式や寝ころんだ姿勢で使えるデッキチェアがおすすめです。日光浴をしながら読書したり、星空を見上げたり、ゆったりとした空間だからこそ活きるアイテムを揃えるとよいでしょう。

image photo

さわやかな風を感じながらデッキチェアでお昼寝を

image photo

「クラッシィハウス上北沢」専用庭

小型のパラソルやをデッキチェアのそばに置くと日差しを防ぐだけでなく目隠しにもなり、プライベートな時間に浸ることができます。
また、望遠鏡で星空観察をするとお子さまとの距離が近付くかもしれません。特に頭上をさえぎるものが少ないルーフバルコニーは天体観測に最適でしょう。

休日はバルコニーでお食事を

天気の良い日はバルコニーでお食事をするのもよいでしょう。

家庭菜園で野菜を育てておけば、採りたての野菜を、その場で味わうこともできます。収穫できるサイズに育つまで、ご家族で成長を見守ってきたからこそ、少しくらい不格好でも、採りたて野菜の味は格別です。お子さまと一緒にバルコニーで食事の準備をするのも楽しいでしょう。

image photo

太陽の下でいただく食事はちょっとしたパーティー気分

いつもとは違うシチュエーションでお食事を楽しむだけでも、ご家族の新たな楽しみが増えるのではないでしょうか。

バルコニーを活用する際に気をつけることとは

バルコニーは共用部分なので禁止事項がある

マンションは、敷地や構造体、共用設備などの共用部分と専有部分に分けられており、例えば駐車場やラウンジなどが共用部分、住戸が専有部分です。

バルコニーは専有部分だと思われがちですが、実は共用部分(ルーフバルコニーや専用庭も同様)。

バルコニーは火災や天災が起きたときの避難経路にもなるため、共用部分とされています。お隣の方のバルコニーとの間に設置された隔板や、床面の避難ハッチなどを物で塞がないようにすることは、所有者の責務でもあります。

マンションの管理規約・使用細則などを読んで、禁止事項などを知っておくとよいでしょう。

image photo

「クラッシィハウス湘南藤沢」バルコニー
(モデルルームW-70Dタイプ)

バルコニーの使い方を工夫すると、家族がくつろぐための空間に変わり、お部屋の延長線上の場所として生活をより豊かにしてくれる場所になります。バルコニーで過ごす時間が待ち遠しくなるような、様々な活用法を見つけてみるとよいでしょう。
家族の暮らしにさらに彩りを与えるためにも、マンションの管理規約・使用細則などにも気をつけつつ、バルコニーを楽しく活用するとよいでしょう。