CLASSY HOUSE PHILOSOPHY

vol.1 Architect Yasushi Nakagawa

設計者として、監修者として、これまで数々の「クラッシィハウス」を手がけてきたアルキフォルマ代表の中川康氏。ブランドコンセプトである「機能と美の融合」はいかにして生み出されるのか。あらためて住まいづくりの哲学を伺いました。
街の空気を変える存在感、地域で一番の外観を目指して。

そうした共用部、専有部への強いこだわりゆえ、建物を計画する上で実は外観デザインの決定はずいぶん後の段階となります。具体的に言えば、住まいには理にかなった場所に窓が必要です。外観ありきの設計であれば既成のサイズの窓をリズム良く並べたくなるところですが、窓が整然と並んだ外観と居住性の高い住空間は両立し得ないと思っています。外観デザインに比重を置きすぎても住みづらいし、内側のプランニングに偏っても外観のクオリティを下げてしまう。

つまりバランスが非常に大切で、どこかにあるお互いの最適ポイントを見いだすことが設計の最大の山場といえます。もっとも外観が後から決まるといって、デザインに妥協は皆無です。竣工後に街の空気を良い方に変える存在。常に地域で一番のデザインを目指しています。

外観完成予想CG
あらゆる空間に「線を通す」。そこに無意識に訴える“美”が宿る。

そしてクラッシィハウスのデザインにおいてもっとも意識しているのが「線を通す」ということです。「クラッシィハウス尾山台」を例にすると、アプローチの石段からエントランスに至るまで、床面の石と壁面の石は床面4枚に対し壁面1枚の法則で整然と並んでおり、壁面1枚ごとに目地と目地がきれいに揃っています。またエントランスホールの床面の石の目地もガラス越しにひろがる池の底石の目地ときれいな直線を描いています。居室の廊下に張られたタイルもそうです。

空間に対しシンメトリーに配置されたタイルは、壁面の角やドア面などのラインと目地がぴったり合うようにミリ単位の削りだしが施されています。それらは説明されなくても、人間の潜在意識が自然と心地よい整然さを感じとれるものとなっているのです。「緻密な設計」を施し、「お客様に重宝される設備」を配した上で「マンション全体を、潜在意識が心地よいと感じる空気感に揃えていく」。それがクラッシィハウスの真骨頂、「機能と美の融合」といえるでしょう。

前のページへ 次のページへ
トップへ戻る