CLASSY CLUB(クラッシィクラブ)|REPORT Vol.17 クラッシィハウス芝浦|関東、関西エリアの新築分譲マンション 住友商事の住まい『クラッシィハウス』 -CLASSY HOUSE- 目指したのは、都市に新しい価値を生み出す、ひとクラス上の住まい。

  • 住友商事
  • 住商建物
  • 文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

クラッシィハウス トップクラッシィクラブREPORT > Vol.17 クラッシィハウス芝浦

REPORT Vol.17 クラッシィハウス芝浦 クラッシィハウス芝浦|キャナルフロントの豊かな暮らしをクルーザー乗船会などで先取り体験 REPORT Vol.17 クラッシィハウス芝浦

「クラッシィハウス芝浦」は、マンションギャラリーオープンと同時に多くの方にご来場いただいております。JR山手線「田町」駅から徒歩9分圏内でありながら、キャナルフロントで実現する静かで潤いある暮らし。その魅力を余すところなくお伝えするため、ギャラリーでの展示・説明に加え、現地周辺でのクルーザー乗船会や全邸水辺ビューをリアルに体感できる眺望見学会など、多数のイベントが実施されています。そんな「クラッシィハウス芝浦」マンションギャラリーを訪ねました。

街のランドマーク的存在である「芝浦アイランド」の誕生をきっかけに整備が進む芝浦エリアは、JR山手線・京浜東北線「田町」駅前の開発に加え、「田町」~「品川」間の新駅誕生(2020年暫定開業予定)など、今後ますます発展していくことが予想されます。この人気のエリアに誕生する「クラッシィハウス芝浦」は、キャナルフロントの恵まれた立地を十分に活かしながら、暮らしやすさにもこだわった永住型レジデンスです。

  • EVENT(催し物)
  • GALLERY(マンションギャラリー)
「クラッシィハウス芝浦」現地案内図

「クラッシィハウス芝浦」現地案内図

EVENT 催し物

「クラッシィハウス芝浦」マンションギャラリーには、モデルルームをはじめ、魅力的な立地・環境や街をご紹介するシアターや模型コーナーなどをご用意していますが、併せて住宅ローンの個別相談会やファイナンシャルプランナーによる無料のライフプラン相談会、クルーザー乗船会を開催し、マンション購入に関してご安心・ご納得いただけるよう努めています。

「眺望見学会」で水辺のダイナミックな風景を体感

「クラッシィハウス芝浦」の大きな魅力は、窓外に広がる「水辺ビュー」の景色でしょう。全123邸のレジデンスが、すべて芝浦西運河に面しているので、どのお部屋からも遮るものが少ない広々とした眺望が得られます。

この眺望をイメージしていただくために、「クラッシィハウス芝浦」では「眺望見学会」を随時開催。近隣のビル4階から最大約140mの幅がある芝浦西運河を望む開放感ある眺望をご確認いただくことができます。目の前の遊歩道の様子はもちろん、運河を見渡す視界の広さをご体感ください。

「クラッシィハウス芝浦」隣りのビルから望む、運河沿いの風景

「クラッシィハウス芝浦」隣りのビルから望む風景。運河沿いには遊歩道が完成する予定(現在整備中)

大通りから一区画奥に入った場所で、これだけ開放的な眺望を得られるのは、目の前が運河という立地だからこそ。とても貴重な立地と言っても過言ではありません。キラキラと水面を照らす朝日の美しさや、やわらかな明かりが灯されたされた夜景など、時間帯によって違う表情を楽しめるのも魅力です。

運河沿いに整備された遊歩道

運河沿いに整備された遊歩道

「クルーザー乗船会」でキャナルフロントの魅力を体感

「クラッシィハウス芝浦」では、キャナルフロントの魅力をより深く知っていただくために、クルーザーで巡る運河散策、「クルーザー乗船会」を実施。高級感ある船内からゆったりと建設現地をご覧いただくとともに、運河を巡って周辺の街の魅力をご紹介しております。

シルバーメタリックのクルーザーは、乗船場である「芝浦アイランド アーバンランチ」から出航し、「クラッシィハウス芝浦」が面する芝浦西運河へ。実際に建設現地の目の前をゆっくりとご覧いただきます。船内からは、当レジデンスが静かでさわやかな水辺にあることを感じていただけるとともに、建物の前に気持ちの良い遊歩道が整備されつつあることがお分かりいただけるでしょう。

この近辺の運河は、かつて数多く生息していたカルガモたちを呼び戻し、水辺の生物を保全しようという「カルガモプロジェクト」が実施されている場所でもあり、可愛い鳥たちの姿が見られるかもしれません。

貸し切りのクルーザーで運河を巡るショートトリップ

貸し切りのクルーザーで運河を巡るショートトリップ

芝浦エリアを水害から守る「高浜水門」

芝浦エリアを水害から守る「高浜水門」

東京湾のシンボル的存在「レインボーブリッジ」

東京湾のシンボル的存在「レインボーブリッジ」

このクルーザー乗船会は、「ピーコックストア 芝浦アイランド店」脇からクルーザーに乗船いただいていますが、同じ場所からクルーザー「アーバンランチ」がお台場を経由して豊洲まで毎日運航。休日のレジャーにも便利で、地元の方がよく利用されているそうです。

この乗船会にご参加いただくことで、「クラッシィハウス芝浦」が誕生する街の穏やかさや、暮らしの舞台となる地域の魅力をご体感いただけるでしょう。

水と緑の風景を有機的につなげるランドプラン

「クラッシィハウス芝浦」の前を通る遊歩道につながる空間には、水盤を設えたヒーリングテラスが配されます。また、建物の四方に確保したオープンスペースには、それぞれヤマザクラやイロハモミジなど緑を植え、運河を眺めながら散歩できるようになっており、水と緑という二つの自然を感じていただくことができます。遊歩道へはスロープでつながっていて、目の前に広がる風景との一体感を大切にしています。

ヒーリングテラス(完成予想図)

ヒーリングテラス(完成予想図)※1

GALLERY(マンションギャラリー紹介)

「住宅ローン相談会」で、ライフプランに合わせたローンの組み方を相談

マンションを購入されるときに、大半の方が住宅ローンの借り入れをご検討されます。「クラッシィハウス芝浦」のマンションギャラリーでは、固定金利と変動金利はどちらがいいのか、経済状況が変動する中でどのように今後を見据えればいいのかといったご質問に銀行担当者が個別にお答えする「住宅ローン相談会」を随時開催しております。

実際にご利用いただいたお客様からは、「毎月の返済額が適正であるかどうか」、「長い月日をかけて、支払い続けられるか不安」、「頭金はいくら準備するといいのか」といった具体的なご相談が寄せられていますが、銀行担当者は、

「住宅ローンは20年、30年と支払い続けるもの。長い期間の中で、金利は変動する可能性があります。ですから金利は変動するものだと理解し、日々の細かな変動に動じない心を持つことも大事ですし、お子様が独立されるなどライフイベントによって、ローンの見直しを行うときに、銀行担当者など大切なお金のことを相談できるパートナーを持つことも大事です」

と、マンションを持つための心構えまで幅広いアドバイスを行っており、とても好評です。

また、ライフプラン面でのご心配にも対応できるよう、ファイナンシャルプランナーに相談できる体制を整えていますので、お気軽にご相談ください。

「住宅ローン相談会」で相談できること

住まい購入に関する不安や質問は、マンションギャラリーにて気軽にご相談を

住まい購入に関する不安や質問は、マンションギャラリーにて気軽にご相談を

85.14m²のモデルルームで水辺ビューのゆとりある生活を体感

「クラッシィハウス芝浦」は、水辺のゆったりとした景色にふさわしい、暮らしの空間の広さにこだわっています。間取りは3LDK・70m²台を中心として、2WAYキッチンや縦型リビング、横型リビングなど全11タイプの多彩なプランをご用意※2。開放的に運河を見渡せる全邸水辺ビューです。

目の前に広がる運河が清々しい、全邸水辺ビュー

目の前に広がる運河が清々しい、全邸水辺ビュー

マンションギャラリーでは、角住戸プランの3面開口、両面バルコニーを備えた85.14m²という広さを誇る大型のモデルルームをご用意しています。

モデルルームでは、水辺ビューのある暮らしを具体的にイメージできるよう、バルコニーからの眺望を朝・夕の時間帯別に切り替えてご覧になれます。マンションが運河に面しており、遮るものが少ないからこそ実現できる光と風のあふれる暮らしをご体感ください。

また、逆梁工法により小梁の凹凸を抑えた天井やハイサッシュなど、すっきり広々とした居室づくりのために工法上工夫している点もご覧いただけます。

3面開口の85.14m²・大型2LDK南東角住戸のAタイプモデルルーム

3面開口の85.14m²・南東角住戸のAタイプモデルルーム

港区アドレス、山手線徒歩圏でありながら、水辺の穏やかさを手にする「クラッシィハウス芝浦」の魅力を体感するためにも、マンションギャラリーの催しへぜひお気軽にお越しください。

安全な暮らしのために「防災設備」

目の前を通る芝浦西運河が水位の管理を徹底しているように、「クラッシィハウス芝浦」も防災対策を行っています。地震によって玄関扉の枠が変形しても扉が開くように「耐震仕様玄関ドア枠」を採用したり、キッチンの吊戸棚は地震の揺れで食器や棚などが飛び出さないように「耐震ラッチ」や「棚板脱落防止用スベリ止」を設置するなどの配慮を徹底。その他にも、防災備蓄品を多数収納する防災倉庫を複数階に設けたり、災害などで停電した際に約72時間稼働できる非常用の自家発電機を設置し、電力を供給できるシステムを完備しています※3

非常用自家発電機(参考写真)

非常用自家発電機(参考写真)