CLASSY HOUSE REPORT Vol.9 KACHIDOKI THE TOWER 国内最大級※1プロジェクト銀座1.7km圏(直線距離)※2「勝どき」駅徒歩6分

  • TOP
  • PUBLIC(立地・環境編)
  • RESIDENCE(共用部・居室編)

中央区×港区直結×水都緑景 それは「三位一体」の都心。

江戸時代から現代まで、商業・金融・文化の代表的な存在であり続ける銀座・日本橋・築地…。日本の代表的な存在であり続ける中央区。この地に住まいを持つこと、それは銀座をホームタウンとし、築地をも散歩道とすること。その地域の歴史と伝統を感じて暮らすということに繋がります。「環状第2号線」延伸により、ビジネスの先端を担う港区とも直結し、それでありながら暮らしのそばに水と緑の風景が寄り添う得がたい立地。これら潤いの都心生活を謳歌できるレジデンスが、「勝どき ザ・タワー」です。

現地から銀座まで直線距離で1.7km、東京からは2.6km※2と、通勤やショッピングに便利な勝どき5丁目が、「勝どき ザ・タワー」誕生の地。都営大江戸線「勝どき」駅から建設現地は、徒歩6分。この「勝どき」駅より「大手町」駅へは8分、「六本木」駅なら直通14分、「新宿」駅にも直通23分※3など、都心の拠点駅へ快適にアクセスできます※4。また銀座、有楽町、東京駅方面へのお出かけには、電車だけでなく最寄りの「新島橋」バス停より直通のバス便も便利です。平成28年には、神田から港区、中央区を経て有明にいたる「環状第2号線」の全線開通も予定され、勝鬨橋以来76年ぶりとなる「隅田川橋りょう(仮称)」が架けられることにより港区と直結。先端のビジネスエリア汐留も、徒歩圏になります。

銀座には直線距離で1.7kmの近さ

銀座には直線距離で1.7kmの近さ

銀座4丁目交差点、歌舞伎座、汐留、浜離宮恩賜庭園

左上:銀座4丁目交差点付近(約2200m/平成25年8月撮影)
右上:歌舞伎座(約1870m /平成25年8月撮影)
左下:汐留(環状2号線開通後:約1390m/現在は約2560m/平成24年5月撮影)
右下:浜離宮恩賜庭園(環状第2号線開通後:約1190m/現在は約2270m/平成23年2月撮影)

現地徒歩6分の「勝どき」駅から都心の拠点駅へ直結

現地徒歩6分の「勝どき」駅から都心の拠点駅へ直結

「隅田川橋りょう(仮称)」の完成で勝どきは港区に直結

「隅田川橋りょう(仮称)」の完成で勝どきは港区に直結

「勝どき ザ・タワー」より隅田川方面を望めば、目前には東京都の「新東京百景」にも選出された「浜離宮恩賜公園」が豊かな緑をたたえています。また現地から徒歩4分の「豊海運動公園」は、テニスコートや野球場などスポーツ施設や遊具の充実する都心の遊び場。これら水辺と緑を間近にする風景は、都心において得がたい環境と言えるでしょう。日常の買いものは、徒歩1分の24時間営業「マルエツ勝どき6丁目店」で。さらに区立豊海小学校や豊海幼稚園は徒歩3分の近さが、ファミリーに楽しく安全な毎日をもたらしそうです。
「中央区×港区直結×水都緑景」の「三位一体」の魅力が、住む方に大きな価値をもたらします。

「勝どき ザ・タワー」の全体像とスケール感が分かる模型

「勝どき ザ・タワー」の全体像とスケール感が分かる模型

国内最大級※1、全1420邸・53階建超高層タワーレジデンス

「勝どき ザ・タワー」は全1420邸・約5000人が住まう国内最大級プロジェクトとして誕生します。住宅の開口部を拡大し豊かな陽光を取り込めるトライスター型タワー形状により、足元に豊かな緑地を創出。また、勝どき地区でも有数の50mを超える緑豊かなアプローチ空間「オープンフォレスト」や水辺の潤いあふれる「水盤」を計画しました。水辺に映える白を基調とした端正で凛とした佇まいは、都市としての美しい景色を目指した、今までにない都心ならではのタワーレジデンスを創出します。

国内最大級。美しき東京のシンボルタワーへ。

平成28年、東京都心部とウォーターフロントを結ぶ大動脈として「環状第2号線」※5が完成、勝どきに中央区と港区を結ぶニューブリッジ「環状2号線・隅田川橋りょう(仮称)※6」が誕生する。港区へ直結※7し浜離宮恩賜庭園、汐留まで徒歩圏となる日常。ここに東京の夢が集結する。

国内最大級。美しき東京のシンボルタワーへ。

※現地周辺の建物(現地より約50m・52階相当)より北西~南西方向を撮影(平成25年10月)。本表示は販売住戸から東京タワーや富士山が見えることを保証するものではありません。眺望は住戸によって異なり、将来にわたって保証されるものではありません。

前のページヘ 次のページヘ

※1:マンション一棟あたりの総戸数がTHE TOKYO TOWERに次いで国内2番目(東京カンテイ調べ) ※2:直線距離で、銀座4丁目交差点まで約1.7km。道路距離は約2.2km。 ※3:「月島」駅1分(1分)、「汐留」駅5分(4分)、「六本木」駅14分(13分)、「新宿」駅23分(22分)へは都営大江戸線利用。「東京」駅7分 (7分)は東京メトロ有楽町線「有楽町」駅よりJR山手線利用。「大手町」駅8分(9分)は都営大江戸線「門前仲町」駅より東京メトロ東西線利用。 ※4:掲載の所要時間は日中平常時(通勤時)のもので、時間帯により異なります。また、乗り換え待ち時間は含まれません。※5:現地より約10m。※6:現地より約230m。※7:平成28年開通予定の環状第2号線によって勝どき5丁目と港区がつながることを表現したものです。現地より港区の「汐留」駅まで環状第2号線開通後は、約1390m(徒歩18分)/現在は約2560m(徒歩32分) ※掲載されている情報は2014年3月時点のものです。 ※掲載の写真は一部を除いて2014年2月に撮影したものであり、家具・調度品は販売しておりません。

ページトップへ戻る