安心・安全/  Safety
Security

セントラル警備保障による24時間セキュリティシステム

セキュリティのプロが24時間365日遠隔監視。異常が発生した場合には自動通報され、パトロール員が急行します。また、異常の際のメール通知や外出先からの防犯設定などのモバイルサービスもご用意しています。

New HiSCT

※携帯電話の通信料等、一部有償サービスとなる場合がございます。

※携帯電話の機種・設定等により、一部ご利用になれない場合がございます。

セキュリティ概念図

セキュリティ概念図

ハンズフリーシステム'Raccess(ラクセス)'
  • 参考写真

    キーをカバン等に入れたままリーダーの前を通行するだけで解錠できるハンズフリー機能が備わっていますので、マンション内の各セキュリティゾーンをラクにアクセスできます。

  • ハンズフリー運用

    IDキーを携帯しているだけで、エントランスの解錠やエレベーターのセキュリティ解除を行うことができます。

  • 近接認識

    IDキーを受信部に近づけると宅配ロッカーが認証。誤作動なく、郵便物を受け取ることができます。

ハンズフリーシステム“Raccess(ラクセス)”概念図

参考写真
ダブルロック

玄関ドアには、鍵を2ヶ所に設けました。ピッキングなどの不正開錠をさらに困難にします。

参考写真
鎌デッド錠

バールなどによるこじ開けを抑止する、鎌状のデッド錠を導入しています。

参考写真
防犯サムターン

工具などを差し込み開錠するサムターン回しに対して、高い防犯性を発揮します。

CP認定

警察庁より防犯性の高さを認められた、CP認定の玄関ドアを採用しました。

参考写真
防犯センサー

玄関ドアと一部の窓には防犯センサーを設置。異常を感知すると警報を発し、警備会社に自動通報します。

※1F、6F、ルーフバルコニーに面する窓のみ対応。

参考写真
ルーバー面格子

共用廊下に面した窓には、ルーバー面格子を設置。通風性を保ちながらプライバシーを守ります。

※一部住戸の窓は固定式ルーバー面格子となります。

参考写真
カラーモニター付インターホン

エントランスの映像を、住戸内からカラーモニターでしっかりと確認することができます。

参考写真
防犯カメラ

敷地内の主要な箇所に防犯カメラを配備。様々な角度から安心を見守ります。

参考写真
駐車場リングシャッター

駐車場入口にはリングシャッターを設置し、お車の防犯にも配慮しました。

Structure
概念図
溶接閉鎖型フープ筋

コンクリートを強固に拘束する鉄筋で、通常の帯筋よりも高い耐震性を得ています。※柱・梁の仕口部は除く

概念図
ダブル配筋

鉄筋を二重に施すことで、シングル配筋よりもひび割れしにくく、耐久性を高めることができます。

建物
Hybridニーディング工法

従来の工法に比べ、支持力と施工管理を強化した高支持力杭工法を採用しました。安全性に配慮した基礎杭工法です。

外壁概念図
外壁 & 戸境壁

建物外壁のコンクリート厚を約160mm、戸境壁では約200〜250mm確保。建物の強度や断熱性を高めると共に、隣接する住戸間での、生活音や振動の影響に配慮しています。

※一部住戸を除く

二重床概念図
二重天井概念図
二重床 & 二重天井

床と天井は、スラブと仕上げ材の間に空間を設けた二重構造。メンテナンスやリフォームの際も柔軟な対応が可能です。床材には遮音性に優れた△LL-4(メーカー推定値)を使用しています。

※床スラブのバルコニー・共用廊下の側溝を除く

コンクリート配合構成グラフ
水セメント比55%以下

コンクリートの強度を高めるため、セメントの重量に対する水の割合を55%以下に設定※しています。

※駐車場ピット・杭・外構等除く

かぶり厚が少ないと鉄筋がさび、コンクリートが破損しやすい。
かぶり厚さ

鉄筋を包むコンクリートのかぶり厚は、建築基準法の数値より約10㎜以上プラスして設定しています。

※一部除く

概念図
遮音シート巻きの排水堅管

排水堅管を遮音シートでカバーすることで、排水音を伝わりにくくしています。※一部除く

概念図
対震玄関ドア枠

地震で玄関ドアが開かなくなるのを防ぐため、あらかじめ枠とドアの間に隙間を設けています。

概念図
自動着床エレベーター

地震の際の揺れをいち早く感知して、最寄り階に自動停止し扉が開く、自動着床エレベーターを採用しています。

概念図
結露を抑制する断熱仕様

冬季の結露を抑えるため、断熱材を外壁面から室内側に折り返して配置。外気の影響を受けにくいので、冷暖房のエネルギー効率もアップします。

資料請求